本当にあったこわい話

753. あわ - 2018/09/09(Sun) 20:56 - [削除]

とあるマンションの7階に住んでいる男が、いつものように仕事から帰ってきて玄関のドアを開けようとしたときに、ちょっとした違和感を感じたのよ。
「あれ、鍵がかかってない...」
あぁ、出掛ける前に閉め忘れたか...と思って普通に玄関のドアを開けたら...

玄関を入って右手にある部屋の扉が開いていて、そこから子どもがこちらをじっと見ていた。
男はなんで自宅に子どもがいるのかもわからないし、パニック状態だった。
するとその子どもが急に叫び声のようなものをあげた。
すると、玄関の突き当たりの扉がバンッと勢いよく開き、髪の長い女性がもの凄い形相で飛び出してきたのだった...


男は叫んだ。
「すいません!部屋間違いました!」
そう、ここは6階だった。
仕事帰りの疲れで、エレベーターのボタンを押し間違えてたことに気付かず、ひとつ下の階にきてしまったのだ!
幸い奥様とは面識があったので通報されるようなことはなかったが、井戸端会議のネタにはなったようで、他所の奥さん方からイジられる日々が続いたのだった...